准看護師と正看護師の違いは何?

看護師の中には正看護師と准看護師という資格がありますが、仕事内容は基本的に同じです。医師からの指示に従い看護をし、お世話をするのがメイン業務になります。ここでは、准看護師の説明と正看護師と違うポイントをご説明いたしましょう。
准看護師に強い求人サイトは?

正看護師は国家資格で厚生労働省が認可し、准看護師は都道府県が
認可をします。准看護師は国家資格ではなく同じ仕事をしていても
一定のラインが引かれており年収や勤務条件が変わってきます。

仕事内容で考えますと正看護師は医師の指示がなくても自己判断で
業務ができますが、准看護師は自己判断で動くことは許可されていなく
医師や正看護師の指示がなければ看護業務ができません。

そんな制限はありますが基本的な業務内容は正看護師とほとんど同じ
と考えて良いでしょう。准看護師で仕事をしながら正看護師へキャリア
アップする人も多いです。

給料面でみると看護師の方が高い水準で、月給のみならず初任給・
年収・ボーナスなど全部に共通しています。

看護師不足の状況下、准看護師の必要性も十分に認められており
給料の水準も徐々に高くなってきていますが看護師よりも少ないのが
普通です。

実務経験を積むことや准看護師求人サイトでより良い条件の職場に移る
ことで給料アップが期待できます。
准看護師が就職や転職する場合の3つの特徴をご紹介します。

一番目は本人に意欲があればキャリアアップを狙えることです。
看護師資格があれば看護師長などの役職が付くことがありますが
准看護師では役職にはつけないでしょう。

出世を狙う人には向かないでしょうが子育てが終わった主婦などは
家事に影響がない範囲で仕事ができます。

二番目は非常勤勤務ができやすいことです。
少し空き時間があるので仕事をしたい場合は非常勤勤務が便利です。
多く夜間のみ・午前中のみ・週に2日のみの勤務などさまざまな
パターンが選べます。

常勤は厳しい人も転職支援サイトならば非公開案件の求人情報がある
ので良い条件が見つかる可能性もあります。

三番目は、看護師不足の売り手市場になっていますから<求人数>は
とても多いことです。求人件数をみると看護師のニーズの方が多いですが、
准看護師でも就職に困らないほどの求人はあります。

以上、准看護師の説明と正看護師と違うポイントをご説明いたしました。
しばらくは看護師の就職状況は良いみたいですから、もしも興味がある
なら就職・転職・復職を考えてみましょう。

京都府看護協会

看護師、転職支援サイトの掛け持ちについて

転職支援サイトを利用する際には、複数のサイトに登録したほうがいいと言われることがあります。ですが、サイトの掛け持ちをしてしまうと印象が悪くなってしまうのではないかと不安に感じている方もいるはず。

複数の転職支援サイトに登録する際には注意しなければならないことがあります。

それは、規模の違うサイトに登録するということ。 というのも、規模が同じような転職支援サイトに複数登録したとしても、掲載されている情報はあまり変わりありません。

同じような規模のサイトは得意としている職種も似ているので、より多くの情報を集めたいと思っているのであれば違う規模のサイトに登録しましょう。 いくつくらい登録すればいいのかというと、2〜3社がおすすめです。

たくさん登録したほうがより多くの情報が集まるのではないかと思うかもしれませんが、登録する数が多いとどこから提供された情報なのか分からなくなってしまうことがあります。

多くても5社ほどにしておいたほうがいいでしょう。 求人数が少ない職種を希望しているということであれば、多くの転職支援サイトに登録しておくのがおすすめです。

それから、転職支援サイトを掛け持ちしていることを担当者に伝えたほうがいいのか?ということに悩んでいる方もいるでしょう。 これは聞かれなければ自分から言わないという人もいるようです。

ただ、担当者の方から「他の転職支援サイトには登録していますか?」と聞かれることもあるので、そういった場合は素直に答えましょう。

中には掛け持ちに対してあまり良い顔をしない転職支援サイトもあるので、他のサイトを辞めるつもりがないのであればそういったサイトは登録を解除するといいですね。

また、例えば転職支援サイトAとBでそれぞれ面接を予約していた場合、先にAの面接を受けて就職が決まったとしても、Bの面接には行ったほうがいいです。

もう決まったからという理由で面接を断ったりすると次回転職活動をする際に断られてしまう可能性があります。

紹介された仕事を断ったり内定の辞退はできる?

転職支援サイトを利用すると、魅力的な求人情報を次々に紹介してもらえます。

利用者はその中から気になる情報を絞り込み、面接を受ける形になるのですが、紹介されたからといって必ずしも面接をしなければならないというわけではありません。

転職支援サイトに登録をすると興味のない仕事でも面接を受けなければならないのではないかと不安に感じていた方も安心しましょう。 また、面接を行って合格という連絡を受けた後に辞退することも特に問題ないのです。

もちろん、合格を辞退する明確な理由が必要にはなりますが、面接を受けたもののなんとなく想像と違っていたという場合は、無理に就職する必要はありません。

ここで特に理由もなく辞退してしまうと、転職支援サイト側としても次の仕事を紹介しにくくなってしまいます。

問題はないといっても内定をもらってから辞退をするということは転職支援サイ 側としてはあまり好ましいことではないので、一度の転職活動では内定辞退を3回までに抑えておきましょう。

辞退の回数が多くなりすぎると転職支援サイト側も求人情報を慎重に提示してくるようになります。

そのような状態になってしまうと得られる情報が少なくなってしまうので、なんとなく合わないと感じているのであれば面接を受ける前に断るようにしたほうがいいかもしれません。

内定をもらったからといってなんとなく決め手に欠けていた職場に就職してしまうというのも避けたほうがいいでしょう。 そういった職場では働き始めてからも満足しながら働くことができないはずです。

面接を受けたり職場見学をした際に「絶対にこの職場で働きたい」と思えたのならばすぐに内定を受けましょう。逆に、理想と違っていたと感じたのであれば、返事に時間をかけずに辞退したほうがいいです。

例えコンサルタントから「この職場は本当におすすめです」と言われたとしても、自分自身でそう思えないのであれば断ったほうが無難だと言えるでしょう。

ページの先頭へ